教育は自分の意思次第で受けられる

ぶれない教育ができる親は少ないでしょう。

教育は子供の成長にあわせて修正しながら行う

教育は自分の意思次第で受けられる ぶれない教育ができる親は少ないでしょう。今は親も教師も、めまぐるしく変化していく子供や環境を考慮しながら手探りで子供と接していかねばなりません。特に成長期にある子供は思考も体つきも変化が著しいので、それにあわせて内容を修正しながら教え導いていく必要があります。これは並大抵のことではありません。

子供の数が減少したにも関わらず、学校を始め教育の現場の忙しさは変わっていません。それどころか、昔よりも見るべき部分が多くなり、一人の子供に対して注意する必要性が増しました。親が家庭で子供に教えるべきことも多様性が出てきて、子供がどう育つかは親や周りの大人の行動一つにかかっているわけです。

のびのびと子供を育てたいと考える親もいれば、ある程度は学力などもきちんと身につけさせたいと考える親もいます。それが子供の個性の多様化につながり、将来への考え方の違いになって表れます。社会性を持ち、人生を豊かにできる子供は教える側の大人にも恵まれています。