教育は自分の意思次第で受けられる

所謂、私たちの教育の基礎となる部分と言うのが小学校と言う一つの学校から始まっています。

教育の基礎となる小学校

教育は自分の意思次第で受けられる 所謂、私たちの教育の基礎となる部分と言うのが小学校と言う一つの学校から始まっています。生活に必要な知識を学び、そしてそれと同様に、子供の年齢に応じての人としての基礎を学ぶと言うのがそもそも学校の役割でもある訳です。簡単に言葉と簡単に数字、簡単な生活の生業を覚えると言う意味で始まる小学生1年生です。そしてそれが12歳まで、6年間と言う歳月を掛けて小学校に通うと言う訳です。一般家庭では、出来ない学習方法です。

つまりは各家庭では子供の教育が出来ないがために、小学校に入学させて教えを乞い、そして子供の成長へと繋がると言う事になります。学校と言うのは、つまりは校舎です。学び舎と言う事になります。ただ、個人を受け入れる場所ではないと言う事になります。全て団体での学習となります。そして社会では、それが一番の学ぶと言う意味での子供たちにも必要な環境の一つでもあると言う事になります。一つの学校の受け入れ態勢は、大凡数百人規模です。小学校では1年生から6年生まである訳です。